妊娠中虫歯を応急処置して産後2年痛みに耐えかねて歯科医院へ飛び込みました

妊娠時の歯科治療

2年半ほど前に妊娠28週の頃ものすごく痛くて寝ることも出来ず2日間痛み止めを処方してもらったのですが変らず痛いままで歯科医を読んでいただけるという事で診てもらうことにしました。とりあえず応急処置しかできないと言われたのですが痛みが止まるのであればとお願いして治療していただきました。歯科医の先生に、産後もおそらく1年くらいは治療に来れないだろうから落ち着いたら治療しましょうと言われました。その後引越しや育児で忙しく治療に行く時間がなく2年時々痛むくらいでまだ我慢できる、と痛み止め飲んで我慢を繰り返していたのですが、ある日朝起きてなんかまた痛み出したなぁと思い痛み止めを飲んだのですがものすごく痛くなり冷やしても痛い何しても痛みが増す一方で辛くなり母に娘を預けて歯科医院に行きました。

初診説明の重要性

すぐに診てもらえたのですが、初診の為問診があり話をするのも辛く治療を開始してすぐに、虫歯が神経までいっているので抜きますと説明があり麻酔をして5分間待ちあっという間に抜けてその日の治療は終了でした。痛み止めと化膿止めを処方してもらいましたが麻酔が切れても痛みが全くなくとても楽になりました。妊娠中は歯を抜けないていうことなので我慢していましたが、虫歯にならぬよう気をつけたいと思いました。ヒアルロン酸はコラーゲンとなら美肌に良いイメージですが、実際どういう成分なのか知ってる方はすくない物です。コラーゲンはたんぱく質の一種で、ヒアルロン酸は人の体に元からあるムコ多糖類という成分で水分保持の役目があります。

カウンセリングからの治療方針

そしてヒアルロン酸は私たち体の中の細胞同士に多く存在して、それぞれ細胞つないだり、クッションみたいな役目で細胞を守ります。コラーゲン同様肌の構造物の一つで、肌を建造物に例えれば、コラーゲンは建物支える柱、梁といった骨組みみたいですが、ヒアルロン酸はそこに流し込むセメントみたいな補充剤にあたり、水分貯める役目を担い肌の保湿性、弾力保って、しわ、たるみ予防してくれます。そして、美肌維持のため欠かせないヒアルロン酸は食べ物、サプリで摂取しても体内分解されて摂取しても害がないですが、そのままダイレクトに肌に効果あるといったことはないです。最近ヒアルロン酸配合の化粧品おおく出ていて肌からヒアルロン酸吸収できるのかは、その分子の大きさにかかって、以前はヒアルロン酸は経皮吸収できないとされてたのですが、最新技術で一概にそうは言えなくなったのです。なのレベルまで小さくしたヒアルロン酸は肌から吸収が可能になってきました。

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ病院の教科書医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ